この混迷の時代に四十男はどう在るべきか、を酔ったアタマで模索中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に、我が家の水槽

我が家の水槽の事を書くのは久し振りである。(昨年の8月以来!)

あの頃は「藍藻」に手を焼いていたのだが、濾過機を水作エイトに
切り替えたのと、平日は朝の餌やりの時しか照明を付けないように
したら、藍藻はきれいに無くなってしまった。

また、外掛けフィルターより水作エイトの方が格段に濾過能力が高い
らしく、コケやフィルターの汚れに気を使わなくても良くなった。

写真は1ヶ月前だが、現在の水槽の様子
5月半ばの様子
ただ残念な事に、1匹だけで頑張っていたレッドチェリーシュリンプ
が帰宅したら死んでいた。既に頭が無い「海老フライ」の様な形に…。

まさかアカヒレ達に食われた訳ではないだろうが、ひょっとすると
脱皮に失敗したところを狙われたのかもしれない。(真相は闇の中)

そこで新たに「スーパーレッドチェリーシュリンプ」を3匹導入した。
上の写真の右隅にも写っているが、拡大するとこんな感じ。
久々の新規導入
そして5月末、このエビが抱卵している事に気付いた。
何と!抱卵!
ちゃんと雄雌居た様である。「チャームさんありがとう!」

だが残念な事に、稚エビが産まれる事は無かった。
無精卵だったのか、アカヒレ達に食われたのか…。

まあ、アカヒレレッドチェリーシュリンプも繁殖力が高いので、
ポンポン産まれた日には水槽がいくつあっても足りぬ

御互いが牽制しあって、出来れば生き延びて育つ奴が居たりして
少しづつ増えてくれたらいいなあ、と思っている。
(自然界もきっとそんな感じなのだろう)

--------------------------------------------------------------

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ


スポンサーサイト

藍藻で苦戦中

先日書いたとおり、我が家の水槽に蔓延っている「藍藻」。
一向に減る気配が無い。

水槽に手を掛けられるのは週末しかないので仕方ないが、
兎に角1週間経つとほぼ元通りに復活している。
どうやら物理的手法で撲滅するのは無理の様である。

いろいろネットの情報を調べてみると、「木酢液」が良いとの事。
ただしPhを下げてしまうので量が難しいらしいのと、製品にバラつき
がある物なので注意が必要の様である。

また、濾過バクテリアの活性不足でも発生するらしいので、
濾過器を追加して生物濾過を強化する事にした。

早速「木酢液」と「水作エイトS」という濾過器を購入。

「木酢液」はいきなり水槽内にぶち込むのは怖いので、藍藻と共に
取り出した底床石の消毒用に使用した。

「水作エイトS」は、現在の改造外掛けフィルターを強化する為に設置。
持っているエアポンプ「水心SSPP-3S」のエア量が多すぎて、アカヒレ
達がパニックになっていたので、途中にコックをかませてエア量を調整。

因みに、水槽の下半分を黒い画用紙で覆い、照明も餌やりの時以外は
消しておく事にした。水草には厳しいがしばらく辛抱してもらおう。

さて、これで来週の今頃どういう状態になっている事やら…。

------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ


またまた久々に、我が家の水槽

しばらく振りに我が家の水槽の話を。

これが今の様子
水槽10.08.08

一見何の問題も無い様に見えるのだが…。

確かにアカヒレ達は元気そのもの。産まれた稚魚達もかなり大きくなってきた。
生き残りのレッドチェリーシュリンプも今のところ元気そうである。
だが、この水槽はどうも水草が育たない。よく見るとコケだらけである。

因みに、5月2日時点の写真はコレである。
10.05.02水槽
こんなに緑だったマツモとウィローモスが今では茶ゴケで酷い状態に。
写真の撮り方の差ではなく、見た目もこんな感じである。

しかもまずい事に、藍藻が蔓延りはじめている
藍藻
鮮やかなグリーンのものが「藍藻」である。アクアリストの悩みの種。
水換えの度に砂利ごと取り除いているのだが、一向に減らない。

マツモを撤去して再びアナカリスかカボンバを入れようかと思っている。

-------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ


我が家の水槽 マツモの繁殖力

水草をアナカリスからマツモに切り替えて以来、2週間に1度トリミングしている。
その位マツモの繁殖力は強烈である。測ってはいないが1日1㎝くらい伸びている。

あっという間に水面を覆い、底まで光が届かなくなってしまう。
マツモ爆殖

昨日もトリミングを行ない、ついでに株分けしてみた。
とりあえずスッキリ

これも2週間で再び元の状態まで伸びてしまうだろうが、コケだらけになるよりは
マシと考えている。こまめにトリミングしていくしかなさそうである。

アカヒレの稚魚は、徐々に数を減らし4匹になった。しかしこの4匹は元気である。
体長6㎜程度になったので、そろそろブラインシュリンプを湧かして与えようと
準備に入った。やり方は昨年と同様である。ブラインシュリンプは栄養価が高いらしく
これを与えると急激に成長を始める。

本当はレッドチェリーシュリンプを繁殖させたかったのだが、
意図に反してアカヒレばかり殖えつつある我が家の水槽である。

------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ


久々に我が家の水槽について

久々に登場の我が家の水槽

大きな変化といては、

1.水草をアナカリスからマツモへ
2.アカヒレの稚魚がまたまた産まれた
3.レッドチェリーシュリンプ謎の連続死

1.の写真はこんな感じ
アナカリスをマツモへ
アナカリスになぜか茶苔がつきまくってしまい、エビによる処理も追い付かない。
そこで、成長速度が速くて水質浄化能力も高いマツモに切り替えた。
確かに茶苔は付きにくい様である。ただ、2週間に1回トリミングが必要なほど
成長が早い。油断するとすぐに水面を覆い始めてしまう。

2.は
アカヒレ稚魚3世
ひょんな事から濾過機内部に稚魚を数匹発見。水槽内にも沢山いた為捕獲した。
例によって水槽内にPETボトルで作った隔離スペースを作成。中に見える流れ星
の様な形の物が稚魚である。10匹以上いる。

3.は
RCSわずか2匹に
写真では分かりにくいが、6匹購入したレッドチェリーシュリンプが今は2匹である。
1匹は購入後数日で死んでしまったのだが、残りは元気に過ごしていた。
ところが、11月末から12月頭の数日間に次々と3匹死んだ。
今でも原因は分からない。とにかく、残った2匹は今日も元気である。

気温に大きな変化があると水質が不安定になる。ここ数日は注意が必要かもしれない。

---------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
プロフィール

錨七鉄斎

Author:錨七鉄斎
この混迷の時代の中で、
「四十男はどう在るべきか」を、
酔ったアタマで模索中…

迷走する世の中を繋ぎ止める
「錨」になりたい、と願いつつ。

東日本大震災 義援金
「ポイント義援金」
-------------------------------------
T-ポイント
http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=88&scid=p0224dns

ANAマイレージクラブ
https://www.ana.co.jp/amc/news/info/gien_1103/

JALマイレージバンク
http://www.jal.co.jp/shien/

Yahooポイント
  http://bokin.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

VISAカード ワールドポイント
https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo8090315.jsp
---------------------------------
言うまでも無く、募金は皆様自己責任
において行なって下さい。
転載は自由ですが、チェーンメール化は
絶対にしないで下さい。
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
マクロミル
マクロミルへ登録
サイト価格ランキング
現在時刻
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。